歯科用CT・インプラント手術室を完備

インプラント治療のCT検査

インプラント治療の術前診査として、一般的にはレントゲン撮影による診査が行われます。レントゲン像は、全顎的な診査には有効ですが、ベストとは言えません。手術で神経管や血管の位置等の「危険領域」をはじめ、骨幅や骨質などを正確に診査・診断するには、CT検査は欠かすことができません。
そのため、当院では、愛知県だけでなく中部圏の歯科医院で随一の、歯科用の最先端CTを完備しています。CT検査では、不必要な骨移植・骨造成の回避ができたり、最終上部構造装着時の理想の位置が想定できたりします。その他にも、イミディエイト術式やフラップレス術式の可否の判断も可能となります。CTデータに基づいた、治療のシミュレーションができるのも大きなメリットと言えます
つまり、CTを使うことにより、十人十色の状況に応じた理想的で安全な治療プランが立てられるのです。

注意点

※ なお、検査に影響を及ぼす可能性がある「磁石入りの絆創膏」などは、検査前に外していただく必要があります。その他着替えなど、面倒な準備は不要です。ただし、次のような方はCT検査を受けられないことがあります。下記の方は必ず事前にスタッフまでお知らせください。

 

妊婦、または妊娠している可能性のある方
お身体に取り外しのできない金属がある方
心臓にペースメーカーを使用されている方

完全滅菌のインプラント専用手術室

当院では、通常の歯科治療のスペースとは別に、完全に隔離された清潔なインプラント専用のオペ室を設けています。
さらに当院では、術中の患者様のバイタルサインを観察する「生体管理モニタ」を取り入れています。術中に、突発的な事態が発生したとしても、適切に対処が可能です。

愛知県小牧市城山1丁目3番地 ピエスタ2F 詳しいアクセスはこちら

”スマイル矯正歯科インプラント" 名駅歯科クリニック矯正歯科 岐阜駅前歯科クリニック矯正歯科 矯正に興味のある方へ資料請求フォーム スマイル矯正歯科ブログ スマイル矯正歯科Facebook スマイル矯正歯科LINE 求人募集