コンピューターガイド手術

コンピューターガイドを用いた

正確なインプラント埋入を

手術前のコンピューターシミュレーションが、従来の治療に比べて
より正確で緻密なインプラントの埋入を可能にしています。

コンピューターガイド手術とは

インプラント治療では、顎骨人工歯根を埋入する口腔外科手術を必要とします。
従来ですと、歯科医師が歯茎を切開した上で、中の骨の状態確認しながら埋め込む位置や方向などを決めていました。
ところが、コンピューターガイド手術では、事前にCT検査結果などに基づくシミュレーションを行い、実際にそのシミュレーション通りに治療の進行ができるガイド(サージカルテンプレート)を作製します。

このガイドを口腔内に取り付けて手術を行えば、施術者によって、取り付け位置方向が異なるという事なく人工歯根の埋入ができるため、治療の正確性安全性が格段に増します。

また、手術時間が短くなるため、患者さまの身体的な負担の軽減にもつながります。当院では、コンピューターガイド手術を実施していますので、まずはお気軽に無料カウンセリングへお越しください。

コンピューターガイド手術の流れ

STEP1:無料カウンセリング

患者さまの疑問点を解消するため治療方法の説明を行います。

STEP2:検査

レントゲン口腔内検査などの各種検査を実施します。

STEP3:全身の健康状態チェック

血液検査など、全身の健康状態を確認します。

STEP4:歯型採取

歯型を取り、噛み合わせを確認します。

STEP5:シミュレーション・仮歯の製作

インプラントを埋め込む手術をシミュレーションし、それを実現するためのガイド(サージカルテンプレート)を作製します。
またガイド(サージカルテンプレート)からモデルを作成し、仮歯を作成します。

STEP6:インプラントの埋入

ガイド(サージカルテンプレート)を使って、実際にインプラント埋入します

愛知県小牧市城山1丁目3番地 ピエスタ2F 詳しいアクセスはこちら

”スマイル矯正歯科インプラント" 名駅歯科クリニック矯正歯科 岐阜駅前歯科クリニック矯正歯科 矯正に興味のある方へ資料請求フォーム スマイル矯正歯科ブログ スマイル矯正歯科Facebook スマイル矯正歯科LINE 求人募集