スマイル矯正歯科BLOG

2022.03.20更新

なぜ矯正中の食いしばりがリスクに繋がるのか

 

矯正中の食いしばりによるリスクにはどの様な種類があるかご存知でしょうか。矯正治療では歯を前後や左右など色々な場所に移動させる場面が多々あります。しかし、食いしばりの癖があると垂直方向へ力が歯に対して加わってしまい上手く歯を移動出来なくなります。

矯正中に食いしばりで余計な力が加わってしまうと、歯や歯茎に大きな痛みが生じてしまうリスクもあります。矯正中は歯の根っこが歯を移動させる為に不安定である為、食いしばりの圧力で神経に影響が及び痛みに発展します。

 

食いしばりで歯が擦れたり割れたりする場合も

 

意識をしていない寝ている時などに食いしばりが発生し、大きな圧力を知らない間に歯に加えてしまっています。

この状態が続くと歯がすり減ったり歯が割れるなどのトラブルが起きる可能性があります。神経を失っている歯に関しては血管も一緒に取り除く必要があるため、歯の中に養分が届かない状態になります。

その状態の歯は外からの刺激が弱くなり欠けやすくなるので、食いしばりの圧力で割れてしまうリスクが高まります。そして、食いしばりにの圧力によってアゴや骨に刺激を加えてしまう恐れがあります。

 

食いしばりにより口周辺が筋肥大を起こす

 

口周辺の筋肉は歯を強く噛むことで筋肥大に繋がります。アゴなど筋肉が肥大するとエラが張っている様に見えることで、大きく顔が見える場合もあります。

 

肩こりや頭痛に悩んでいる方

 

歯を食いしばると肩や頭や首周りの筋肉が緊張します。筋肉が緊張した状態は頭痛や肩こりなどの筋肉への負荷に繋がるので、食いしばりが原因の可能性もあります。

 

 食いしばり画像

 

食いしばりで歯周病が進行する

 

普段から食いしばりが無意識に発生していると、歯茎や歯肉に大きな負荷が発生して炎症が起きるリスクが高まります。歯茎と歯の間には隙間が発生し、細菌が繁殖し始めます。その細菌が歯の基礎を融解していき、歯周病の方の根元から状態を悪くさせます。歯がグラグラと動いたり、最悪の場合に歯が抜けてしまったりなどの歯周病が進行してしまいます。

 

知覚過敏が進行してしまう

 

歯茎が下がって歯が長く見えてしまったり、歯の表面に存在しているエナメル質が剥がれてしまうなど、食いしばりによって歯に刺激を与え続けると神経に達します。そのダメージが歯の痛みや染みるなどの知覚過敏の症状に悪化します。

 

食いしばりが起きる4つの原因

 

①歯列が不正であることが原因

歯列が悪いとそれを整えよう食いしばりをする可能性があります。その為、歯列が不正であると無意識の内に食いしばりの習慣がつきやすいです。ただし、食いしばりで歯列が必ずしも正しく並ぶのではなく、歪んだ方向へ圧力が加わってしまい歯並びが更に悪化するリスクが高まります。

 

②補綴物が合っていないことが原因

詰め物や被せ物などの補綴物を虫歯治療の際に装着した時に、大きさが適切ではなく噛み合わせが上手に出来ていないケースがあります。その際は、無意識の内に食いしばりで刺激を与えている可能性があります。

 

③肉体や精神の疲弊が原因

肉体的にストレスを感じていたり、精神的に疲弊を感じている際は食いしばりを起こす可能性があります。歯列矯正は痛みや違和感がストレスに繋がります。食いしばりをすることでストレスや痛みを軽減させる為に口が力んでいるからです。

歯並びが大きく不正しており、歯を大きく動かすケースでは歯に常に圧力がかかるためストレスに繋がります。

 

④摂取しているものが原因

日常生活で緊張する場面やストレスを感じる場面で食いしばりが起きる場合があります。その為、意識をして緊張状態を解すことが重要なポイントです。接種し過ぎたカフェインや飲酒や喫煙は、自律神経を安定させません。

身体は夜の休める時間帯に副交感神経が働くようになり、昼間は日中身体を動かすために交感神経が働くようになります。例えば、就寝前に飲酒やカフェインや喫煙を多量に摂ると、交感神経が働き緊張の状態が夜も続いてしまいます。それにより、睡眠のクオリティが下がってしまい食いしばりやすくなります。

投稿者: スマイル矯正歯科

2022.03.10更新

抜歯の麻酔が切れたら食事をしても大丈夫

 

歯列矯正では抜歯をすることがあります。抜歯をした後はどのタイミングで食事をしても良いか不安に思っている方もいらっしゃると思います。

矯正の際に抜歯をするケースでは、部分麻酔を施して2〜3時間麻酔が効いている状態になります。この麻酔の効きが弱くなるまで食べ物を摂ることはやめましょう。その理由は、口周辺が麻痺している為、誤って舌を歯で挟んでしまうなど、別の支障をきたすケースがあります。

麻酔が効いている状態では、食べ物や飲み物を口から入れたとしても、口から溢れてしまうなど上手に口が閉じれなくなります。無理に食べ物を入れると、気管に入ってしまい不慮の事故に発展してしまうケースもある為、麻酔の効き目が消えるまで飲食はしないようにしましょう。

 

食事画像 

 

手術当日のおすすめの食事内容について

 

抜歯をする手術の当日は傷へダメージを与えないように配慮が大切になります。抜歯をした後は、かさぶたが完成する為、口に入れる物は口の中に傷を与えにくい固くない食べ物を食事に選ぶことを推奨しています。例えば、出来上がったかさぶたが剥がれてしまうと、傷口が回復しなくなってしまいます。抜歯後はかさぶたが剥がれないように気をつけて飲食をしましょう。おすすめの食事内容としては、柔らかい煮たうどんやお粥など口内に刺激を与えないものをお勧めしています。

 

手術翌日のおすすめの食事内容について

 

抜歯をした翌日も普段の食事と比較して食事内容に気をつけた方が良いでしょう。手術当日の食事内容と同じ様に、口内に刺激を与えないものや、固くない食べ物などがお勧めです。食事の内容については、お粥や煮たうどんが適しています。手術の翌日もかさぶたが剥がれない様に気をつけて食事をしましょう。

 

抜歯をした後に注意するべき具体的な飲食物

 

咀嚼する際に注意をするべき飲食物を具体的に挙げます。歯を抜いた時には気をつけて下さい。

 

・大きさが小さい食べ物

大きさが小さい食べ物は栄養価が高く身体に良い傾向がありますが、口の中に入った際に狭い場所に詰まってしまう可能性があります。食べ方に注意を払っても患部にゴマ等の大きさが小さい食べ物が挟まってしまう場合があります。

患部は歯ブラシなどでブラッシングすることが困難な箇所ですので、可能な限り大きさが小さい食べ物は避けましょう。おすすめは、口洗するだけでも食べ残しが流せるような食べ物を選択することを心掛けましょう。

 

・うどんや蕎麦などの啜る食べ物

麺類(うどんや蕎麦など)は啜って食事をする方が多いと思います。啜って食事をすることで食べ物をより美味しく感じ取れる時がございますが、啜った時に歯を抜いた後の患部に刺激を与えてしまうリスクがあります。

麺類(うどんや蕎麦など)の食事をする時には患部に気をつけることが重要です。おすすめの麺類の食べ方としては、蓮華やスプーンに麺を乗せて口に持ってくることで麺類を啜らない様に食べることが可能です。歯を抜いた術後当日や翌日に紹介した柔らかい煮たうどんなどについても、器に適量を分けて啜らずに食べることが大切です。

  

術前の食事スタイルに戻せるタイミングについて

 

患部の様子や痛みの程度を観察する

歯の抜き始めの出血や患部の痛みが治まったら、日頃の食事内容に戻すことを検討しましょう。もし患部が完治していないうちは、固い食べ物は避けて食事をしましょう。

 

歯科医院からの術後対応を遵守する

術前の食事内容に戻るタイミングは患部の治りを歯科医師にチェックしてもらって判断を遵守しましょう。歯を抜いた後には歯科衛生士さんや歯科医師から術前の食事に戻るタイミング教えて頂けます。

病院で処方された抗生物質は決められた通り飲むなど、指示に従って患部の回復を進めましょう。

投稿者: スマイル矯正歯科

2022.02.28更新

歯ブラシの選び方について


矯正装置を口内に入れていると様々な方向から歯ブラシで磨かないといけません。歯ブラシの頭が大きいと装置に触れてしまい隅々までケアができないので、小さな頭のもの、または矯正専用の歯ブラシを選択しましょう。
他にも、矯正専用のワンタフトブラシやデンタルフロスを使用することで磨き残しを減らすことが出来るようになります。
歯科医院では矯正専用のブラシを取り扱っていることもあります。そして、ブラッシングの時にキシリトールやフッ素が混ざった歯磨き粉を使うようにお勧めしている歯科医院もあります。
矯正の最中の掃除グッズ選びによって歯周病のなりやすさが変わるので気を付けなければいけません。

 

ブラッシング

 

正しい磨きについて歯科医院で指導


矯正中には歯周病になる確率が上昇しますので、ほとんどのクリニックが治療の前にブラッシング指導(歯磨き指導)してくれます。治療の前に1度歯磨き指導を受けたとしても、しばらく時間が空くと忘れてしまったり、自分好みに変えたりしていたりすることがあります。
そのため、歯磨き指導は定期的に歯科医院で行ってもらいましょう。親切な矯正歯科の場合月に1度などワイヤー装置の点検の際に、毎回普段の歯磨きの仕方が適切かどうか診てくれます。

 

①マウスピースのケア方法について

マウスピースの掃除の仕方は歯科医院、それかそのマウスピースを作っているメーカーによっても違います。一般的には歯ブラシを使用しながら優しく綺麗に洗浄することで汚れは消えて行きます。
歯科医院によっては普段使用しているような歯磨き粉を使って磨くこと場合もあります。例えば、強い力でゴシゴシと力を入れながら歯ブラシで掃除をしてしまうと、マウスピースが壊れてしまったり、ブラシで小さい傷が付きそこから細菌が繁殖してしまいます。
ブラッシングのケアの後、例えば歯磨きをせずにマウスピース専用の洗浄液に浸す場合もあります。洗浄液には強い殺菌力があるため、これにより雑菌の繁殖を抑制する効果があります。

 

②リテーナーのケア方法について
リテーナーとは矯正治療の術後に歯が元の状態に戻るのを防止する装置のことです。この清掃方法についても歯科医師によって異なるので確認が必要です。
リテーナーの掃除方法としては、専用の洗浄剤に浸す方法、歯ブラシを用いて清掃する方法などが存在します。中には超音波洗浄機を使用して清掃をおすすめしている歯科医院もあります。

 

③ワイヤー矯正のケア方法について
一般的にブラケット矯正(ワイヤー矯正)や裏側矯正は歯磨きで装置を掃除をしましょう。
ワイヤー矯正や裏側矯正というのは、自ら脱着することはできません。そのため、矯正をしている最中は格段にブラッシングがしにくくなります。そして、普段より矯正装置と歯間に食べ物が挟まりやすくなるので、綺麗になる正しい歯磨きをすることを推奨いたします。

時間がかかるからと言って面倒だからと歯磨きをしないでいると、虫歯や歯周病になるリスクが高まることに繋がります。

 

④クリーニングによるケア方法について

クリーニングを定期的に繰り返すことで虫歯や歯周病になるリスクを減少することができます。特に歯磨きに沢山の時間を掛けられない方や上手くできない方に推奨しています。通常は通院しているところに依頼しますが、通っている矯正歯科以外の歯科医院もクリーニングを受け付けてくれます。

しかし、矯正歯科が存在しない歯科医院の場合、矯正装置を脱着することができません。その場合、可能であれば通院している矯正歯科に依頼することを推奨しております。
歯列矯正の費用の中にクリーニング料金が含まれているところと別途料金が必要になってくる歯科医院があります。歯科医院によって異なってきますので、治療の前に事前確認することが大変重要です。そして、クリーニングのメニューについても歯科医院によって異なってくる場合があります。

 

⑤PMTCによるケア方法について

PMTCとは、プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングという機械を使用して歯面清掃のみ行う歯医者さんもあれば、PMTCと一緒に歯磨き指導やフッ素塗布などを行う歯科医院も存在します。PMTCという治療内容の中に歯磨き指導やフッ素塗布が入っている歯科医院もあります。
矯正をお願いする歯科医院でどのようなメニューのクリーニングを行っているか、Webサイトなどで事前にチェックすると良いでしょう。

投稿者: スマイル矯正歯科

2022.02.20更新

歯列矯正で口角を上げよう

 

歯並びや噛み合わせが乱れていると、周りの人から口角が下がって見えてしまいます。
つまり、自然と口角が上がって見えるようにするには、ワイヤー矯正などの歯列矯正をして歯並びや噛み合わせを改善し口角を下げる原因をなくすことが必要です。
一度歯列矯正を検討してみて、噛み合わせが悪いなどの問題を改善してみるといいでしょう。自然と笑ったような優しい口元にきれいな歯並びにすると生まれ変わりますよ。

 

口角 

 

①セラミックによる矯正
矯正をしてきれいな口元のラインを作れば、下がってしまった口角を引き上げることができます。その一つの方法に、セラミック矯正を併用することを提案する歯科医師も存在します。セラミック矯正は、歯並びに問題のある箇所を削って、その箇所に被せ物をして矯正する方法です。
変形した歯などを抜歯したり、ワイヤーブラケットなどで移動する治療法ではなく、いらない部分を削って、セラミックの被せ物で補うため、数ヶ月などの比較的短期間の治療も可能です。
しかし、セラミックによる治療法は歯を削るため、天然の自分の歯に対して傷つけなければいけないのが欠点になります。そして、場合によっては歯を抜く場合も発生することもあるので、治療の方向性は歯科医師と事前に必ず確認することが大切です。

 

②ワイヤーによる矯正
ワイヤーによる矯正は、歯にブラケットという装置をつけて歯列を改善する矯正方法です。細かく歯列を調整することができるので、通常、大きく歯を動かす歯列矯正を施術しようとするとワイヤーによる矯正を用いられることが多々あります。
この矯正方法には様々な分類があり、矯正中の外見にも配慮されたセラミックでできたブラケット、金属製のメタルブラケット、歯の裏面にブラケットを装着するリンガルブラケット矯正(裏側矯正)などの種類があります。特に裏側矯正は、出っ歯の矯正に向いている治療法です。

 

③マウスピースによる矯正
マウスピース矯正は、ワイヤーによる装置を歯に装着すること無く治療をすることが可能です。脱着が可能なマウスピースを使った矯正の治療法ですので、歯列矯正中の外見が気になる方には推奨しています。そして、装置を装着した際に感じる口内の違和感なども減少させることが出来ます。
しかし、マウスピースの矯正方法は一定期間装着しないと効果があまり期待できません。ワイヤーなどで歯を正しい位置へ引っ張る治療とは異なるため、歯を移動させる距離にも限界があります。マウスピースの矯正方法はどなたでも効果が出るものではありませんので、万人が受けられないという点は欠点になります。

 

口輪筋の衰え

 

口輪筋など、口の周辺の筋肉が弱くなると口角が下がります。口角が上に上がるようになるにはある程度口の周りの筋肉が必要です。口角が下がる人は、口周りの口輪筋が弱まって口角を上に上げることができないことが原因です。
口の周辺の筋肉が弱ると、口角などの外見の問題のみではなく、口呼吸や歯周病になりやすいなどの悪い影響の元になります。
筋肉が弱っているだけなので、しっかりと鍛えることでまた口角を上げることができる様になります。「元々こういう顔つきなのだ」と諦めてしまっている人も、口周辺の筋肉の様子を確認すれば、それが要因で起きている場合もわかります。

 

下顎前突症(しゃくれ)
しゃくれ顎や受け口と呼ばれている方も、口角が下がったように感じます。専門的には下顎前突症と言い、一般的にはしゃくれと言います。これは下のアゴが前に出ている状態を指すものです。下のアゴが前方に出ると、下のアゴが上のアゴに重なるような形になります。
正面から見ると、下の唇が上の唇に重なるようになるので、相対的に口角が下がっているのです。

 

上顎前突症(出っ歯)
口角が下がっている人は、同様に出っ歯である場合があります。この出っ歯とは、専門的には上顎前突症と言い、一般的には出っ歯と言います。上顎の骨が前の方へ出てしまう病気になります。口が前方の方に突き出ることによって、相対的に口角が下がって見られてしまいます。

投稿者: スマイル矯正歯科

2022.02.10更新

一般的に病院で検査をしても特に病名が出てこない身体の不調のことを不定愁訴(ふていしゅうそ)と言います。例えば、だるい気や頭痛などについては病名がつかないので、その様な症状のことを不定愁訴と表します。

自律神経失調症が原因で不定愁訴になっている場合もありますが、自律神経失調症についても明確な症状の原因が判明している訳ではありません。

不定愁訴は、体の特定の場所に痛みを感じる場合があったり、鬱的な精神面に影響する症状が出る場合もあります。あまり明確な症状が身体に表れない場合でも、日頃の生活から症状が出る為、それが支障となってストレスに感じることも少なくありません。

 

不定愁訴

 

不定愁訴と矯正はどのような関係性があるのだろう

 

不定愁訴は矯正によって引き起こされていると思われがちですが、実は矯正が直接関係しているのではなく、顎関節症の症状が不定愁訴と言われている場合が多いです。

ですので、顎関節症の治療の一環で矯正をしている場合に不定愁訴の不調が発生した場合には、顎関節症の症状であり歯列矯正が原因ではないと認識する方が良いでしょう。

 

不定愁訴と矯正の症状の似ている点

 

不定愁訴と顎関節症の症状が関係している点について、症状をご紹介いたします。多くの不定愁訴の症状があることが分かると思います。一度同じ症状が起きていないかチェックしてみましょう。

・耳鳴り、咳、痰

・手の痺れ、睡眠障害、舌を噛む

・頭痛、肩こり、めまい

・倦怠感、イライラ、抑うつ

以上のような不調が顎関節症になると起きると言われています。他の精神的な不調であるイライラに関しても顎関節症が原因で発生しますので、日頃の症状を振り返ってみましょう。

 

なぜ顎関節症が不定愁訴に繋がるのだろうか

 

下の顎の位置がズレていたり悪い噛み合わせになっていることが顎関節症の1番の症状です。この症状に伴って、いくつかの不定愁訴が現れます。

顎関節症は、骨格やアゴの筋肉などのバランスが悪くなり体全体へと影響します。また、顎関節の近くには側頭骨や器官、頚椎(けいつい)も存在するため、それを圧迫することは頚椎周辺の自律神経に刺激を加えます。その刺激が不定愁訴につながっている可能性もあります。

イライラや抑うつ状態、頭痛などによって2次的に睡眠障害が発生している場合もあります。歯科医院で相談する際には、顎関節症などの問題を問診時に伝えると良いでしょう。

 

顎関節症以外に不定愁訴となる原因について

 

抜歯をした時も、顎関節症と同様に不定愁訴となる原因になる場合があります。具体的に言うと、小臼や親知らずを抜くとうつ病状が身体に現れることがあり、この際は顎関節症とは違う原因です。

活動が活発になる交感神経と活動が落ち着く副交感神経という2種類の自律神経の働きが乱れる場合があります。もし、落ち着きたい時に交感神経が活発になると、先ほどご紹介した症状が出てくる恐れがあります。

 

矯正歯科で外見を優先しない

 

歯列矯正をする時の目的で、外見の審美性を優先し健康面を後回しにする方も多くいらっしゃるでしょう。

ただし、外見のみを最優先してしまうと、正常な噛み合わせにならない治療に繋がり、不定愁訴が発生する場合もあります。外見だけを求めすぎるのは気をつけましょう。

歯列が整っているラインだけを目的に歯列矯正をするのではなく、機能性がある健康的な噛み合わせに関しても同時に考えて歯列矯正を進めることが大変重要です。

 

不定愁訴の改善方法について

 

現在の詰め物の高さを病院で調整するだけでも不定愁訴が治る場合があります。それは、詰め物の高さが噛み合わせの悪さに繋がっていることがあるからです。

投稿者: スマイル矯正歯科

2022.01.30更新

今回の記事では高校生の歯列矯正についてご紹介いたします。
実は、歯列矯正をするタイミングで一番最適な時期は高校生の時です。
近年はSNSが広まったことで、「自撮り文化」を持つ10代が増加しています。しかし、インビザラインの会社が実施した統計によると、90%近くの方が自分自身の見た目に自信がなく、10人中7人の方が歯科矯正により歯並びを整えたいと考えているようです。
歯列矯正は大人になってからでも遅くないと身内から言われた方もいらっしゃると思いますが、歯並びによって学生時代などをネガティブに過ごすことは勿体無いです。
また、高校生は骨の成長の面からも活発で新陳代謝も良好な為、大人になってからよりも短い間に集中して治療することが出来ます。
そして、永久歯への生え変わりも無事に終えて、歯が動くスピードも速いと言われている高校生は、幼い時期に勉強などで矯正が出来なかった方に向けてお勧めです。
矯正をすることで歯並びが整い、口周辺の筋肉が成長し顔の輪郭が綺麗になるなど良いことが沢山あリます。
高校を卒業してからは、進学や就職に加え成人式や結婚などイベントが多く控えています。高校生のタイミングで歯並びによる悩みを解消することも良いでしょう。

矯正歯科 

 

高校生におすすめの矯正方法「インビザライン」


永久歯がまだ生え変わっていない高校生には大変合っている治療方法のひとつです。
このインビザラインは患者様一人ひとりの歯並びに合わせて作られているマウスピース方の器具を装着して日常生活を過ごし、10日ほどの間隔で次の器具へ交換します。
マウスピースの為、見た目が目立ちにくく、近くで見なければ治療中であることは分かりません。また、金属を使わずに矯正ができる為、アレルギー持ちの患者様にも対応しています。
治療中に必要な通院は月1程度の検査のみですので、学校の行事などで忙しい高校生にも向いている治療法です。 


インビザラインのメリット4選

 

1.容易に取り外しが出来る

 

例えば、ジュースやコーヒーなどの色素が移りやすい飲み物を飲む時や、歯磨きをする際は装置を外す必要があります。

日常生活では、装着した状態で生活ができますが、歯磨きなどの時は取り外してマウスピースを洗うことで綺麗に保つことが出来ます。

運動部や吹奏楽部に入っている高校生の方も、短い時間であれば取り外しが出来るので、マウスピースによる口内の損傷などは心配ない為、推奨しております。


2.薄い素材の為、締め付けや違和感が少ない

 

インビザラインのマウスピースの交換は約10日前後とされています。そして器具が薄いため付けている感覚が小さく、装着に抵抗なく継続できます。

歯科医師から指示された時間は可能な限り装着する必要があるので、違和感が少ないマウスピースは大変おすすめの治療法です。

 

3.透明な素材の為、装着が分かりづらい

 

歯列矯正をイメージする時は、金属のワイヤーのタイプが多いと思いますがインビザラインは透明である為、近くで見られない限り大丈夫です。

一般的な歯列矯正をイメージして治療を断念している方がいらっしゃれば、インビザラインを一つ検討してみて下さい。

  

4.保証期間が5年間適用される

 

一般的な歯列矯正では、患者様の口腔内の状態などによって少しずつ歯が元の位置へ戻る可能性が考えられます。

インビザラインの場合は、5年間の保証が治療開始から発生いたします。

例えば、器具を作る直す場合に再度費用は発生しませんし、治療完了後に歯の位置が戻った場合でも、マウスピースの追加が無料で出来ます。

ぜひ高校生の方やこれから歯科矯正を検討されている方は、 ぜひインビザラインを選択肢に入れてみては如何でしょうか。

投稿者: スマイル矯正歯科

2022.01.20更新

授乳中の方や妊娠中の方でも歯列矯正をすることが出来ます。

また、歯列矯正の治療をしている間に妊娠する可能性も十分にあります。それは、一般的な歯列矯正には6ヶ月〜数年間の矯正期間が必要になり、

結婚式当日ゴールに歯列矯正を進める短期集中矯正の「ブライダル矯正」でも数ヶ月は期間が必要だからです。

妊娠

 

妊娠中でも歯列矯正は継続して良いのだろうか?

 

結論から言うと妊娠中の間でも歯列矯正の治療を行なっても問題ございません。矯正の方向が変わったり、色々な調整が加わることもなく治療を進められます。

しかし、患者様ご自身の健康状態に変化が生じた際は、治療の一部の方針を変える場合もあります。

例えば、妊娠が安定期に入るまで医師に報告をしない患者様もいらっしゃいますが、患者様ご自身や赤ちゃんに悪い影響が出てからでは一大事です。

家族の安全の為にも、妊娠が決まった後にはすぐに歯科医師へご報告しましょう。

 

妊娠中に口腔内で気を付けるべきことは?

 

口の中のトラブルは、通常時より妊娠中の方が多くなる場合があります。例えば、「妊娠性歯肉炎」と言うものが挙げられる為、普段から口腔内の環境は綺麗に保ちましょう。

また、妊娠中に限らずに産後の際にもホルモンバランスが変わり、歯周病の細菌も増加しやすく歯肉炎になるリスクが高くなりますので、しっかりしたケアが必要になります。

 

つわりで口内ケアが難しい場合には

 

つわりが原因で、歯磨きをすることが難しい場合には、無理に歯を磨かなくても大丈夫です。しかし、その状態が続くと口内環境の悪化に繋がるので、液状の歯磨きや適度なうがいが必要です。

つわりで体調が悪くても歯を磨きたいと言う場合には、子供用の歯ブラシを使うことを推奨いたします。ブラシ部分が小さい為、普段の歯ブラシよりも負担なく歯を磨くことが出来ることがメリットです。

 


妊娠中に矯正をすることは、冒頭でもお話しした通り問題ございません。

しかし、歯列矯正ではない治療の部分で控えた方が良いものが2種類あります。

それは、「レントゲン」の撮影と「麻酔」の使用です。この2つを歯科医院で行う場合は腹部から距離をとって口元周辺で行います。

胎児への影響は低確率ではありますが、念のために上の2種類に関しては避けることをお勧めいたします。

妊婦の患者様は細心の注意を払いながら、歯科医院と相談の上、治療を進めていきましょう。

それぞれの治療が無しでも大丈夫な理由を解説いたします。 

 

麻酔を控えても問題がない理由

 

歯列矯正をする場合の麻酔は、アンカースクリューと言われる特殊なネジを装着する場合のみです。アンカースクリューを使用した治療の場合は最初の段階がほとんどである為、妊娠が分かった後に治療を始める場合でない限り胎児に影響を与えることはない為、ご安心ください。


レントゲン撮影を控えても問題がない理由

 

歯科のレントゲンは、通常、治療を開始する前に撮影をする為、もし治療の最中に妊娠した場合であれば、特に問題が起きることはありません。

また、歯列矯正が開始した後の、6ヶ月〜1年のタイミングで2回目のレントゲン撮影を行いますが、治療の途中経過を確認することが一番の目的である為、省いても治療に影響はございません。

 

体調が優れない場合は歯列矯正を休みましょう

 

歯列矯正を予約していた場合に体調が悪化した時は、無理をせずに休みましょう。

体調が回復するまで療養をとり、歯科医院へ再度予約を行うことを推奨いたします。

 

歯列矯正中の妊婦が薬を使用する場合は?

 

歯列矯正の最中に痛みを感じた場合に薬を処方する場合があります。もちろん、痛み止めを服用する場合には妊娠中でも使用できる薬を処方します。

また、歯列矯正で痛みを感じるのは、治療を始めてすぐが多いため、治療がしばらく経ってから薬が必要になることは非常に少ないです。

投稿者: スマイル矯正歯科

2022.01.10更新

歯並びの歪みがお悩みの方は、歯列矯正を一度は考えたことがあると思います。

ただ多くの方は就職などの時期が重なり、実際に治療を行わない方もいらっしゃいます。

その様な方へ推奨しているのが、結婚式のタイミングに向けて歯列矯正をする「ブライダル矯正」です。ブライダル矯正をする人口は増加傾向になります。

ブライダル矯正は歯列矯正と違うわけではなく、歯列矯正に踏み込めない方へ向けて一つのタイミングとして提唱されているものであり、施術内容は歯列矯正と同一で、特別な装置などは使用しません。

異なるポイントとしては、通常の歯列矯正の様に数年単位で矯正をするのではなく、結婚式というゴールを見据えた矯正になる為、数ヶ月単位の矯正になります。

ただし、患者様に合わせたスケジュールで矯正を進める為、安心してご検討ください。

また、結婚式という前向きなイベントをゴールする為、通常の矯正よりも明るい気持ちで治療を継続できることもメリットです。

結婚式を一つのきっかけに、前向きに歯列矯正を検討するのも良いのではないでしょうか。

結婚式

 

ブライダル矯正の治療タイミングはいつ?

 

ブライダル矯正は結婚式の日取りを決定してからも始めることが出来ます。

先ほどお話しした通り、通常の歯列矯正は数年間の期間を使って少しずつ歯を動かします。それは、患者の口内を診断した上で、総合的なバランスを考えてスケジュールを組むためです。

しかし、ブライダル矯正は結婚式当日に最も美しく見せるというゴールが定められている分、短い期間で集中して歯列矯正を行います。矯正スケジュールが二つの方法の大きな違いになります。

例えば、結婚式の3ヶ月〜6ヶ月前からスタートしても前歯のみでしたら矯正が間に合います。歯列全体の矯正であっても6ヶ月ほどの期間があれば完成度も高く治療が出来ます。

結婚式が終わってからも歯列矯正を再び開始し、歯列全体の治療をすることも可能です。

現状、ある程度結婚式の日程が決まっている方でも、スケジュールによっては矯正が対応できる場合もあるので、かかりつけ医に是非ご相談ください。

 

ブライダル矯正では主に「前歯」をメインに歯列矯正を行います。

 

その理由は、結婚式の当日に一番人の目につきやすく素敵な笑顔を披露することが目標だからです。

患者様の前歯以外の歯並びによっては、優先順位が変わる場合もある為、治療の進め方は医師と慎重に相談すると良いでしょう。

 

ブライダル矯正に適した治療は何だろう?

 

①裏側矯正

 

矯正器具を装置の裏側につけて歯を動かすことを裏側矯正と言います。これはワイヤーが歯の裏にある為、結婚式当日でも人の目を気にせず装着出来ます。

 

②マウスピース矯正

 

マウスピースのメリットは、患者様ご自身で取り外しが可能な点です。

この矯正方法の場合は、医師の決めた時間を装着することで希望の歯並びに近づくことが出来ます。

装着時間を守るのが苦手な方でも、ブライダル矯正と組み合わせることによってゴールを決めている分、前向きに矯正を進められるでしょう。

また、裏側矯正の様に、普段から人目を気にしなくても良い為、お勧めの方法です。

 

③部分矯正

 

前歯の部分を集中して矯正する方法です。噛み合わせの問題は少し優先順位を下げながら、結婚式当日の見た目を最優先にして、最も注目されやすい上側の前歯をメインに矯正します。

 

 

ブライダル矯正の費用について

 

冒頭でお話しした通り、ブライダル矯正は通常の矯正と施術内容が一緒のため、

通常は公的な保険が適用外になります。その為、費用を理由に治療を断念される方も大勢いらっしゃいます。

費用面の問題は歯科医院と相談することで最適な方法が見つかる可能性もあるので、ぜひご相談ください。

投稿者: スマイル矯正歯科

2021.09.18更新

こんにちは(^^)/
9月休診日についてお知らせです。

 

9月休診日:9月19日㈰~9月23日㈭

 

上記日程で休診となります。
お電話やLINE対応は休診明けより行いますのでよろしくお願いいたします。



pic20210918100617_0.JPG

投稿者: スマイル矯正歯科

2021.09.11更新

新型コロナワクチン接種をされた患者様について、当院では下記の画像の通り対応いたします。

 

また前回更新した価格改定のお知らせについて追記をいたします。

現在Ⅱ期治療(大人の歯の治療)を行っている方や、
Ⅱ期治療までご契約されて現在Ⅰ期治療(お子様の歯の治療)を行っている方に関しましてはご契約済の金額で継続して治療を行っていただけます。
価格改定後に追加で料金をお預かりすることはございません(追加の装置が発生した場合や装置紛失の際の再製作費用は除く)。



pic20210911101729_0.jpg

投稿者: スマイル矯正歯科

前へ 前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

愛知県小牧市城山1丁目3番地 ピエスタ2F 詳しいアクセスはこちら