スマイル矯正歯科BLOG

2022.01.30更新

今回の記事では高校生の歯列矯正についてご紹介いたします。
実は、歯列矯正をするタイミングで一番最適な時期は高校生の時です。
近年はSNSが広まったことで、「自撮り文化」を持つ10代が増加しています。しかし、インビザラインの会社が実施した統計によると、90%近くの方が自分自身の見た目に自信がなく、10人中7人の方が歯科矯正により歯並びを整えたいと考えているようです。
歯列矯正は大人になってからでも遅くないと身内から言われた方もいらっしゃると思いますが、歯並びによって学生時代などをネガティブに過ごすことは勿体無いです。
また、高校生は骨の成長の面からも活発で新陳代謝も良好な為、大人になってからよりも短い間に集中して治療することが出来ます。
そして、永久歯への生え変わりも無事に終えて、歯が動くスピードも速いと言われている高校生は、幼い時期に勉強などで矯正が出来なかった方に向けてお勧めです。
矯正をすることで歯並びが整い、口周辺の筋肉が成長し顔の輪郭が綺麗になるなど良いことが沢山あリます。
高校を卒業してからは、進学や就職に加え成人式や結婚などイベントが多く控えています。高校生のタイミングで歯並びによる悩みを解消することも良いでしょう。

矯正歯科 

 

高校生におすすめの矯正方法「インビザライン」


永久歯がまだ生え変わっていない高校生には大変合っている治療方法のひとつです。
このインビザラインは患者様一人ひとりの歯並びに合わせて作られているマウスピース方の器具を装着して日常生活を過ごし、10日ほどの間隔で次の器具へ交換します。
マウスピースの為、見た目が目立ちにくく、近くで見なければ治療中であることは分かりません。また、金属を使わずに矯正ができる為、アレルギー持ちの患者様にも対応しています。
治療中に必要な通院は月1程度の検査のみですので、学校の行事などで忙しい高校生にも向いている治療法です。 


インビザラインのメリット4選

 

1.容易に取り外しが出来る

 

例えば、ジュースやコーヒーなどの色素が移りやすい飲み物を飲む時や、歯磨きをする際は装置を外す必要があります。

日常生活では、装着した状態で生活ができますが、歯磨きなどの時は取り外してマウスピースを洗うことで綺麗に保つことが出来ます。

運動部や吹奏楽部に入っている高校生の方も、短い時間であれば取り外しが出来るので、マウスピースによる口内の損傷などは心配ない為、推奨しております。


2.薄い素材の為、締め付けや違和感が少ない

 

インビザラインのマウスピースの交換は約10日前後とされています。そして器具が薄いため付けている感覚が小さく、装着に抵抗なく継続できます。

歯科医師から指示された時間は可能な限り装着する必要があるので、違和感が少ないマウスピースは大変おすすめの治療法です。

 

3.透明な素材の為、装着が分かりづらい

 

歯列矯正をイメージする時は、金属のワイヤーのタイプが多いと思いますがインビザラインは透明である為、近くで見られない限り大丈夫です。

一般的な歯列矯正をイメージして治療を断念している方がいらっしゃれば、インビザラインを一つ検討してみて下さい。

  

4.保証期間が5年間適用される

 

一般的な歯列矯正では、患者様の口腔内の状態などによって少しずつ歯が元の位置へ戻る可能性が考えられます。

インビザラインの場合は、5年間の保証が治療開始から発生いたします。

例えば、器具を作る直す場合に再度費用は発生しませんし、治療完了後に歯の位置が戻った場合でも、マウスピースの追加が無料で出来ます。

ぜひ高校生の方やこれから歯科矯正を検討されている方は、 ぜひインビザラインを選択肢に入れてみては如何でしょうか。

投稿者: スマイル矯正歯科

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

愛知県小牧市城山1丁目3番地 ピエスタ2F 詳しいアクセスはこちら