インプラント

「入れ歯やブリッジでなく、元のような食生活を送りたい!」と

お考えの歯を失った患者様へ

当院では安心安全インプラント治療をご提供します。

インプラントとは

虫歯や歯周病で、失った天然歯補うための治療としてインプラントがあります。
天然歯の変わりに人工の歯を顎骨に埋入し、天然歯に近い人工の被せ物をインプラント体に被せます。

入れ歯やブリッジと異なり、歯の根元をしっかり顎骨固定させるので、天然歯に近い咀嚼感を再現することともに、見た目も元からあった歯に近い仕上がりになります。
さらに、入れ歯やブリッジのように周囲の歯に負担をかけることがないため、残っている歯傷つけることもありません

インプラントのメリットとデメリット

メリット

1.隣接する歯に負担をかけることがありません。

入れ歯やブリッジは、バネによって両側にある歯負担がかかり、失った歯に近い歯の寿命短くなってしまいます。
インプラントは歯を削らず、また両側にある歯への負担をかけることもないため、天然歯残す予防になります。

 

2.治療がシンプル

入れ歯やブリッジでは、土台の歯治療が必要だとその治療を行ってから入れ歯の治療を行うことになります。しかし、インプラントは土台の歯がありませんので、独立して治療が可能です。

 

3.健康な歯と同様強く噛めます。

インプラント治療ではインプラント体を顎の骨に固定するため、入れ歯やブリッジに比べると、安定して食べ物を噛むことができます。また、天然歯と同じように歯につきやすい食べ物や、堅い食べ物問題なく噛んで食べることができます。

デメリット

1.手術が必要です。

インプラント治療では、顎の骨にインプラント体を埋入するので、部分麻酔を使用し、外科処置を行う必要があります。また、治療には腫れや痛み、内出血を起こすこともあり、お体の具合や糖尿病の方に関しては、状況によって治療できないこともあります。なかには神経や血管を損傷する症例もありますので、正確な治療を受ける必要があります。

対処法

インプラント埋入前に、まずはCT使用し、埋め込む位置、神経や血管の位置を確認します。また、埋入時にはサージカルガイドを使用し、正確な位置に向かって、正しい方向にインプラント埋め込みます。

 

 

2.天然歯同様メンテナンスが必要

インプラントで埋入した歯も、天然歯同様歯石や、汚れつくので、メインテナンスを怠ると、ご自身の歯と同じように歯周病になる可能性があります。
ですので、きちんとした歯磨きと、定期的なクリーニングをしていただく必要があります。

対処法

ご自身で磨き残しがないように、歯科医院で正しい歯の磨き方アドバイスと、定期的な歯科医院のクリーニングをご案内しております。

 

 

3.治療後、しばらくの様子を見る必要がある。

インプラントを埋め込んだ後、顎骨インプラント体がしっかり固定されるのを待つ必要があるので、しばらく経過観察をし、問題ないようであれば被せ物をのせます。

対処法

インプラント埋入後、まずは仮歯を入れますので、歯がなく、困ることはございません。

料金相場

インプラントの治療費相場としては、まず①材料として、1本のインプラント体30万円から50万円ぐらいだと言われています。
また、②治療に関しては検査料、手術費用、人工の歯などの治療費用、手術費用が発生しますので、この①と②がインプラントで発生する費用とお考えください。
もちろん、患者様の状況によっても手術費用は変動します。たとえばサイナスリフトソケットリフトなどの顎骨が少なくインプラントが埋入しにくい特殊な手術の場合は、手術費用が、普通の費用にくらべて高くなります。
そして、クリニックごとの設備環境や、歯科医師の技術量などで料金の差が生じます。中には治療費だけで100万程度を設定している医院もあります。

当院では、インプラント体1本27万円で、かつ10年保証を設けております。
手術費用を明快な金額設定にし、患者様にわかりやすい価格帯にしておりますの。費用のご相談もお受けしますので、まずは無料相談にお越しください。

インプラントQ&A

Q

インプラント手術は痛くないんでしょうか?

A

手術中は局所麻酔を患部にいたしますので、インプラント手術中に痛み発生することはありませんが、術後に麻酔が切れると、痛みや腫れが出ることがあります。

Q

手術を受ける上で年齢制限などありますか? 

A

16歳以上であれば大丈夫です。インプラントは顎骨にインプラント体を埋入するので、骨の成長落ち着いている必要があり、医学的に条件が満たされている限りは、どなたでもインプラント治療を受けることが可能です。

Q

手術後はインプラントの手入れは必要でしょうか?

A

歯磨きと定期的なメンテナンス必要です。インプラント体はチタン製なので、半永久的機能しますが、普段のメンテナンスを怠るとインプラントの寿命が縮まります。
ちゃんと歯磨きやフロス、クリニックでの定期検診やクリーニングをおすすめします。

Q

治療費はどれくらいかかりますか?

A

インプラント1本27万円です。またインプラントの本数や治療の種類によっても変動しますので、まずは一度ご相談ください。

Q

インプラントの治療期間はどのくらいかかりますか?

A

インプラント体と骨がしっかりと結合するまでは、だいたい上顎約4ヶ月下顎でだいたい2ヶ月です。
また、骨と結合した後に、インプラント体の頭出しの処置と治癒に2週間程度、インプラント体に被せ物をはめる治療がだいたい2週間程度かかるので、最低でも全体3ヶ月ぐらいはかかります。

Q

インプラント手術で入院することはありますか?

A

ありません。インプラントの埋入手術は当日行えます。

Q

噛み感触が自分の歯とは異なりますか?

A

顎にインプラント体を結合しますので、天然歯同様にしっかり噛めるようになります

Q

治療後、インプラントを交換する必要がありますか? 

A

インプラントはチタン製ですので、ちゃんとメンテナンスを行えば半永久的使用できます。手入れできていないと歯周病になり、骨が痩せ、せっかく埋入したインプラントがぐらついてきます。必ず適切な歯磨きメンテナンス継続させましょう。

インプラント治療の流れ

STEP1. 診断・治療計画

スマイル矯正歯科(小牧インプラントセンター)では、まず最適インプラント治療計画を立てるために、CTを活用し歯や骨の状態を細かく確認いたします。
そして、作成したインプラントの治療計画をしっかりとご説明させていただき、患者様納得していただいてから治療を開始します。

また、スマイル矯正歯科(小牧インプラントセンター)では、骨を削らないインプラント治療(NYインプラント)も行っておりますので、骨が薄くインプラント手術がうけられないといわれた方も一度ご相談ください。


※顎骨が痩せている方、審美的な治療が必要と診断される際には、CTだけでなく専門の3D診断ソフトを使用し、最適な治療計画を作成します。

愛知県だけでなく、三重岐阜静岡にお住まいの方もご来院頂いておりますので、お気軽にご相談ください。

STEP2. インプラント体の埋入手術

顎の骨にチタン製のインプラント埋め込む手術を行います。
口腔内のクリーニングを行い、お口の中の細菌をキレイにした後に、局所麻酔を行います。麻酔後だいたい30分~3時間ぐらいかけ、インプラントを正確埋入します。
かかる時間の差は、インプラントの本数や、骨の状態によって異なります。

手術に対して極端に怖がられる方や、長時間の手術を要する方に関しては、歯科麻酔専門医が行う、鎮静法(精神をリラックスさせる方法)を行うことがあります。
手術中のストレスや、恐怖心和らげる方法がとれますので、お気軽にご相談ください。

STEP3. インプラント体と顎骨が結合するのを待ちます。

インプラント埋入後、2日から7日後には、ご来院いただき、患部消毒を行います。
そして、手術から10日~20日後に、抜歯を行います。
抜歯後はインプラントと骨がしっかりくっつくのを待ちます。
(患部の状態によって、治療スケジュールには個人差があります)
経過観察の目安は、上顎の埋入なら4~6ヶ月間下顎の埋入なら、2~3ヶ月ぐらいかかります。

STEP4. 被せ物(人工歯)の装着

インプラントにのせる被せ物型取りを行い、セラミックで出来た人工歯装着します。
手術後の4ヶ月~6ヶ月(上顎の場合、下顎は手術後2ヶ月~3ヶ月ほど)に上部構造(かぶせ物)の型取りをおこない、装着した状態で、実際に患者さまに1〜2週間過ごしていただき、噛み合わせなどを調整していきます。

インプラントの治療後はご自身でもメンテナンス必要です。
当院では、手術後のブラッシング指導や、メンテナンスの仕方などしっかりとご説明させていただき、定期的に口腔検診とクリーニングを実施しております。

治療後のメンテナンスについて

治療後のケア

インプラントを長期間長持ちさせるために、埋め込んだインプラントの治療後のケアが非常に重要です。
まずは、ご自身のブラッシングをきっちり丁寧に毎日行い、クリニックでの定期検診、クリーニングを行うようにしましょう。普段のクリーニングでも磨き残しがあると、せっかく入れたインプラントも長持ちしなくなります。
インプラント体には神経が通っていないため、膿が出てきたり、根管に問題が起きてても気づけないことがりますので、メンテナンスはしっかり行いましょう。
 

■毎日の念入りな歯磨き

毎日の歯磨きは天然歯同様、インプラントにもしっかり行ってください。
通常の歯と同じように、「食べたら磨く」習慣をつけ、また正しいブラッシング方法で歯磨きを行ってください。

■定期検診

インプラント体はもちろん神経がありませんので、感染症を起こしていてもご自身では気づけません
実際は、歯がぐらついたり、膿が出始めてからやっと異変にきづくのですが、もうすでにぐらついてる状態だと、状況としては非常に悪い可能性が高いです。
手術後は、ドクターによる状態の観察メインテナンスも必要ですので、クリニックに来院していただきます。

※ご自身のインプラントの状態に関心をもつことが大切です。何か少しでも変わったことがありましたら、すぐにご相談ください。

歯を失ったままにしておくと…

歯が抜けたとき、大きな問題はないと考えて放置される患者さんがいらっしゃいます。しかし、失われた歯の箇所をすぐに治療しないと、あごの骨弱ってきてしまい、状況によっては、輪郭の形が変わり、シワの原因となるケースも中にはあります。


また、抜けた歯の部分にスペースが出来てしまうため、両側の歯が抜けた箇所に向かって移動してしまい、そのため隣接する歯につれられて他の歯も動き、最終的には全体的歯並びが崩れてきます。
そうすると、かみ合わせが悪くなったり、歯磨きもしにくくなるので、虫歯歯周病リスクが高まります。

歯が抜けた時、インプラント治療を行うと噛むたび顎骨刺激が加わるので、骨の収縮をふせぐことができ、もちろんきれいな歯並び保つことができます。

歯が抜けた状態になりましたら、絶対にそのままにせず、まずはカウンセリングを受けることをおすすめします。

相談料0円でご相談はこちらから

 インプラントケース別治療法

単歯欠損の場合(1本だけ抜けてる場合)

われわれの歯は全て、顎骨歯槽骨固定されています。歯周病や、う蝕、歯が折れたり外傷を受け、歯が抜けた場合、失われた歯を修復しないと、周辺の歯移動し、抜けた箇所の収縮を始めます。

抜けた歯の両隣の歯が隣の歯の支えを失ってしまうので、そのスペースに向かって移動をし始めます。

骨の収縮と移動のパターンは患者さんによって異なり、抜けた場所によっても変わってきます。また、ひとつ歯が移動すると、他の歯もそれにつられて移動してしまい、結果として大きく歯移動することになってしまいます。
このように歯が移動したり、骨が吸収された場合は、歯肉や穴が開いた箇所をしっかりブラッシングできなくなってしまい歯周病の発生の確率が高くなります。
その結果、う蝕や歯肉の後退を起こしてしまい、さらなる歯の欠損を引き起こしてしまいます。

■1本の欠損歯に対する治療の選択

 

インプラント1本を抜けた箇所に埋入します。
1本の欠損歯の場合、ブリッジのように両サイドの歯を削る必要がないので、他の歯を残すことができます。
また、食べ物を噛む時に歯ぐきに圧力がかかるので、顎骨健康を維持できます。

おすすめの治療法:NY式インプラント

 

複数本の欠損歯の場合(2~3本抜けてる場合)

1本だけのときに比べて、複数本の歯がぬけると、顎の骨の吸収スピード移動のスピードはやまります。時間とともに顎は細くなり、それに比例して治療の選択肢制限してしまいます。

残りの歯は、複数本抜けた箇所の骨の支え、歯の支えを失ってしまうので、ぐらつき移動します。また、支えが少ない歯は負担加重が多いので、さらに歯の喪失つながる可能性が高くなっていきます。

■複数歯欠損の治療の選択肢(2~3本抜けてる場合)

 

複数の歯の欠損の場合、代表的な保険治療部分入れ歯ですが、残ってる歯と抜けた箇所の歯ぐきで支えなければいけないので、それぞれに非常に負担をかけてしまいます。

インプラント治療なら、インプラントを骨に固定し、それを支柱として固定式ブリッジをとりつけるので、安定します。
また、見た目も健康な歯とほとんど変わりがないので、審美的にもきれいで笑顔に自信がもてます。

おすすめの治療法:NY式インプラント

全歯欠損の場合(総入れ歯の方)

長い間、全ての歯を失った状態で放置していると、長期間の骨の収縮によって、顔の形変わってきてしまう恐れがあります。
顎が細くなるにつれ、口をぎゅっと閉じたような状態になり、唇は細く見え、首周辺にもしわが増えます。

■全歯欠損の治療の選択肢(総入れ歯の方)

 

保険の総入れ歯は、歯のない歯ぐきで支えるので、しっかりとした固定ができません。
もちろん土台に固定ができないので、総入れ歯がずれたり、噛んだ時に痛みがでたり、ご飯を食べるのに支障がでることがよくあります。

しかし、インプラント治療なら、インプラント体結合して、その上に全歯の被せ物をのせるので、しっかりと硬いもの、粘着力があるものでも噛むことができます。

特に総入れ歯の人には、「All-on-4」というインプラント治療をオススメしております。

All-on-4とは、全部の歯にインプラントを入れるのではなく、インプラント4本~6本入れるだけで、全歯を支えることができる、総入れ歯の方向けのインプラント治療です。
即日でインプラントが埋め込むことができ、また埋入する本数も少ないため、手術長い時間がかかりません

おすすめの治療法:オールオンフォー

 

愛知県小牧市城山1丁目3番地 ピエスタ2F 詳しいアクセスはこちら

小牧インプラントセンター 名駅歯科クリニック矯正歯科 求人募集 矯正に興味のある方へ資料請求フォーム スマイル矯正歯科ブログ スマイル矯正歯科Facebook スマイル矯正歯科LINE スマイル矯正歯科Twitter