小児矯正

小児矯正を受ける時期について

小児矯正受ける時期は、「6歳臼歯」と呼ばれる歯が生えてきた頃が適切だと言われます。ただし、顎の骨や歯の発育状況は一人ひとり異なるため、個々人に合わせて治療計画を立てることが重要です。

乳歯が生えそろった時、歯と歯の間に少しすき間がある程度であれば、永久歯が生えるスペースがあると予想できますが、乳歯の時に隙間なく並ぶようであれば、永久歯生えるスペース足らず、いずれ歯並びが悪くなる可能性が高いでしょう。そうならないためにも、乳歯が生えそろった頃に、一度チェックを受けておくようにしましょう。

小児矯正の方法

歯を動かすために使う矯正装置にはいくつか種類があり、金属製目立ちにくい取り外し式など、それぞれ特徴があります。治療前に歯科医師とお子さま、ご両親で話し合い、一人ひとりの歯の形や歯並びに合わせて、装置をカスタムメイドします。

金属製ブラケット

最も一般的矯正装置で、歯の動きを細かく調整することができます。金属のワイヤーを使うため目立ちやすくなりますが、耐久性高く変形したりすり減ったりする心配がないのが特徴です。

目立たないブラケット

透明なプラスチック製や白いセラミック製のブラケットで、目立ちにくいのが最大のメリットです。現在は、子供・大人問わず、ほとんどの矯正治療で使われています。

リンガルブラケット

歯の裏側に装着するため、ほとんど目立たず、見た目を気にする女性によく選ばれています。治療期間や矯正効果は金属製のものと変わりませんが、歯磨きがしづらくなるため、虫歯にならないように注意が必要です。

マウスピース型(インビザライン)

マウスピースのような形をした取り外しができる矯正装置です。患者さま一人ひとりに合わせカスタムメイドされたマウスピースを装着するので、違和感不快感はほとんどありません。また、何よりも目立たないため、近年は人気が急上昇しています。

プレート型

睡眠時のみ装着していただく装置です。歯磨きや食事の邪魔にならず、学校に着けていく必要もありません。

バイオネーター、FKO

こちらも取り外し式装置で、下顎の成長を促すために使用します。1日10時間以上の装着が必要ですので、睡眠時以外にも自宅にいる時はできるだけお口の中に入れておくようにしましょう。

小児矯正の進め方

初回カウンセリング

まずは、親御さまとお子さましっかりお話することから始めていきます。そして、お子さま不安取り除いた上で、お口の中顔の骨格を診察していきます。そして次に、矯正治療の概要や流れについてご説明します。

精密検査

治療計画を立てるために、お子さまのお口の中を詳しく検査します。レントゲン撮影歯の型採りお口の中顔の写真撮影などを行い、現在の歯と骨格の状態を確認します。

治療計画の作成

矯正治療は長い期間をかけて歯並びと噛み合わせを改善していくため、患者さまとご家族、そして歯科医師との協力関係が欠かせません。そのためレントゲンなどの検査結果はもちろん、治療方法期間、費用の支払い方法など、すべての情報をきちんとご説明し、十分に話し合ってから、治療計画を立てていきます。

メンテナンスのご説明

矯正治療の期間中は、どうしても虫歯なりやすいため、装置が着いた状態での歯磨き方法定期的な医院でのメンテナンスについてご説明します。

もし虫歯ができてしまうと、装置を外して虫歯治療をしてから矯正治療を再開することになります。そうならないよう、しっかりとメンテナンスを続けていきましょう。

矯正治療スタート

矯正装置着ける際は、およそ1~2時間かかります。装置をつけた直後は痛みを感じることがあるかもしれませんが、数日後には治まりますのでご安心ください。治療期間中は定期的ご来院いただき、経過をチェックしたり装置の調整を行ったりします。

保定

歯並びや噛み合わせが整ったら矯正装置を取り外します。ただし、歯は元に戻ろうするため、歯の位置が落ち着くまで1~2年間保定装置(リテーナー)を取り付けます。

小児矯正のメンテナンス

TBIについて

TBIとは「Teeth Blushing Instruction」の略で、歯科衛生士による歯磨き指導のことです。歯に矯正装置がついているときは、装置と歯の境目に磨き残しが多くなってしまいがちです。歯磨き方法は歯の位置や年齢などによって異なりますので、お子さま一人ひとりに合ったTBI(歯磨き指導)を行っています。

保定装置リテーナーについて

リテーナー」とは、矯正治療を終えた後に歯の後戻り防ぐための装置です。矯正した歯をその位置に保ちながら、歯茎やその下の骨を新しい位置になじませます。そして最終的には歯茎をその位置で安定させ、しっかりと噛めるようにします。

リテーナーは自分で取り外しできますが、長時間外していると歯が少しずつ元に戻ってしまいますので、つけ忘れには絶対注意してください。また、リテーナーは装着時の違和感をなくすためにプレートが薄く作られています。歯磨きで強く力を入れたり落としたりすると割れてしまうので注意してください。

小牧インプラントセンター 求人募集 スマイル矯正歯科ブログ 矯正に興味のある方へ資料請求フォーム スマイル矯正歯科Facebook スマイル矯正歯科LINE スマイル矯正歯科Twitter